前へ
次へ

いらなくなった着物は買い取ってもらおう

私は母や祖母から譲り受けた着物や、成人式で着用した晴れ着など、普段使わない着物がタンスの中に入れっぱなしになっていました。
いつかはきちんと処理しなければならないと思いつつも、譲り先も見つからないし、かといって捨てるのはもったいないので何年もそのままでした。
しかし、ある時ネットサーフィンしていると古着買取のページを見つけ、着物も買取してもらえるのではと思い探してみたのです。
そうすると案外たくさん着物買取をしてくれる業者を見つけることができました。
その中で親切そうで、高価買取を謳っている業者を選び見積もりを取ってもらいました。
その業者は自宅まで来てもらわなくても郵送で着物を送ればよかったので、それもその業者に決めた決め手の一つです。
見積もりの結果思っていたよりも高額で買い取ってもらえるということが分かり、そのまま買い取ってもらいました。
タンスの中も気持ちもスッキリし、着物買取を利用してよかったなと心から思っています。

着物を買い取ってもらう時に気をつけたい2つ注意点

不要になった着物を買い取ってもらい現金化する場合には、2つの注意点があります。
1つめはいい加減な査定をする業者を敬遠することです。
リサイクル市場で取引されている他のアイテムと同様に、着物にも相場があります。
いい加減な査定をする業者とは、その相場をまるで無視した金額を提示するところのことです。
不当な金額であっても首を縦に振ってしまうお人好しを狙って利益をあげているので、餌食ならないよう注意してください。
対策は複数の買取業者に見積もりを依頼して、極端に査定金額が低いところには売却しないことです。
2つめは証紙も忘れずに持っていくことです。
証紙とは組合が発行する、着物の証明書のことで、織元の名前や原料、製造方法について書いてあります。
着物単体では曖昧な評価が、証紙の存在によって確かなものになります。
特に高名な人物が仕立てた品物の場合には、証紙の存在によって査定金額が大幅アップします。
持っているからわからなくても、面倒臭がらずに箪笥を探してみてください。

Page Top